メインイメージ

NEWS

2014/12/20
台数限定リビルトエンジンキャンペーンは終了となりました。
ご好評頂いておりますリビルトエンジンキャンペーンは台数分が
終了いたしました。 ありがとうございました。
また良質パーツが揃い次第キャンペーン開催を予定しております。
2014/07/04
RX-8も販売開始から早やくも10年が経ちました。愛車の調子はいかがですか?
RX-8も2003年から販売され、前期モデルは中古車価格も手頃になり、以前より走っている台数が多く見られる様になりましたが様々なトラブルも・・・点火コイルのトラブルやプラグコードの不具合、ソレノイドバルブの異常信号、エンジンの始動が悪くなかなかエンジンがかからないetc...。まさかエンジンチェックランプがついたまま乗ってたりなどしていませんよね?(^_^;)
中古で購入して乗ってたものの、元々がこんな感じかと思って不調に気付かなく・・・なんてお客様も多くみられます。
大きなトラブルや修理に至る前に、お手頃価格でしっかりチェック!!

【 愛 車 診 断 】を是非ご利用下さい(^^)v  2ローター車 ¥5,000(税別)です。

エンジンコンプレッションの目安

FD・FC・コスモ コンプレッションの目安
FD、FC、コスモなどは圧縮比9.0のローターが使用されています。(FC M/C前は圧縮比8.5のローター)
コンプレッションチェックなどで、どの位の圧縮まで大丈夫なのかよくわからないと思われているオーナーさんがたくさんおられます。当社ではお車の状態にもよりますが、圧縮比が7.5を下回るならオーバーホール時期と考えております。
その理由として
ケース1
走行距離を乗っている場合は、アペックスシール、ローターハウジングなどが摩耗している。
ケース2
走行距離を乗っていない場合、センサ―トラブル等によって異常燃焼、または、オーバーヒートによりエンジン内部のアペックスシール、コーナーシール、サイドシールを押し上げているスプリングのヘタリなどにより、圧縮が低下していると推測されます。

※圧縮が低い状態でお車に乗り続けてしまうと、エンジンのクリアランスによっても異なりますが、ブローバイガスなどが多く出てしまい、そのオイルが補器類や配管などにまわりセンサー等の性能を低下させ、不調の原因を引き起こします。また、最悪の場合エンジンブローを引き起こしエンジン内部のいろいろな箇所にダメージを与えてしまう事により交換部品が大幅に増え、通常のオーバーホール時より部品代・工賃が高くなってしまいます。

エンジンは機械物なので絶対はありませんが、当社の今までの経験から圧縮比7.5位が目安となってきます。
今、お車に乗られていて不安を感じているなら、まずコンプレッションチェックでお車の状態を数字にしてみてはいかがでしょう。
当社では、愛車診断をメニューとしてご用意しておりますので、ぜひご利用ください。
診断後、スタッフがわかりやすくご説明します。

RX-8コンプレッションの目安
RX-8のエンジンは、排ガス規制により排気ポート形状がサイドハウジング部に設けられたサイド排気を採用された為、ポート形状が複雑な形になってます。
そのため、乗り方やメンテナンス不足により、排気ポート部にカーボンが溜まっている状態がよく見られます。当然、排気ポート部が埋まってしまうと排気面積が減ってしまい、パワーダウンしてしまいます。そして排気ポートが詰まることにより、エンジン内部に熱の影響を受けてしまい、シール等にダメージを与え、エンジンの圧縮低下を早め、始動性が悪くなったり、スパークプラグがかぶりやすくなる、燃費が悪くなるなど不調の原因を引き起こしてしまいます。
メーカーでは、限界値6.8ですが、当社の今までの経験からしますと、そのような状態になってしまうとエンジンパーツの再使用がほとんどできなくなることが多く見られます。そのため、当社ではメーカーの限界値より早めのオーバーホール(圧縮比7.5位)をお勧めすることにより、再使用できるパーツを活かしたオーバーホールを行うことでパーツコストを抑えたオーバーホールが可能になると考えております。

お気軽に【愛車診断】を!

FC3S、FD3Sともに車齢20年を越えるクルマが大部分で、すでに本来の性能が発揮されていないクルマや、センサー類が経年劣化しているクルマも数多く見受けられます。愛車を長く乗っていただくには、エンジンの現状を把握する事がもっとも大切です。コンプレッション測定やセンサーチェック等は、お客様に立ち会っていただき、細かく説明させていただいています。また、費用のかかる修理や、圧縮低下等によりエンジンリフレッシュをお考えのオーナーには、ご予算とご希望に合わせられるよう、専門店ならではの豊富なパーツとメニューをご用意しておりますので、お気軽にご相談下さい。

■コンプレッションチェック&同時センサーチェック
2ローター車 ¥5,000(税別)
3ローター車 ¥10,000(税別)
※当社にてオーバーホール、チューニングなどを施したユーザーの方、センサーチェック、軽微のメンテナンスは無料で行っております。

安心車検 ¥38,000(税別)

車検整備時にコンプレッションチェックもしくはパワーチェックをサービスで行っております。
車検期限が迫っていて、車検に不安を感じていませんか?
当店では、ディーラー並の安心車検を提供いたします。
ロータリーが好きだから…そんなオーナーを応援いたします。


■車検基本点検・工賃、保安確認検査料、ボディ下廻り洗浄、シャーシーブラック、車検代行手数料等含む(別途税金等諸経費がかかります)

※上記価格は純正タービン車の価格です。
※部品交換等別途費用が発生する場合は、オーナー立ち会いのもと了承して頂いた後、作業に入りますので、ご安心してお任せ下さい。
※タービン改・変更等、構造変更の車検も行っておりますのでお気軽にお問い合せ下さい。

レッカーサービス

エンジントラブル等により自走不能で当社に作業をお任せいただく場合に限り、近県の方には引取りサービス致します。

注意事項

※このホームページの内容は2007年6月現在のもので、仕様・価格などは予告なく変更することがあります。
※表示価格はメーカーの希望小売価格です。取付工賃は含まれておりません。
※掲載されている写真は実物と色が異なる場合があります。
※PROKIT及びサーキット専用パーツにつきましては取扱説明書は付きませんのでご了承ください。
※当社のオリジナル商品に関しましては、当社で装着したもの以外原則としてクレームは一切お受けできませんのでご了承ください。
※CPUは国内仕様車への装着に限ります。
※一部の製品はモータースポーツ専用部品のため一般公道では使用できません。
※詳しい内容は当社へご遠慮なく、電話でお問合せください。
※パンスピードではお客様とのコミュニケーションの輪を広げ、チューニングカー製作のお役に立てるよう努力して参ります。これからも宜しくお願い致します。
パン・スピード 有限会社
〒349-0121 埼玉県蓮田市関山2-7-8
TEL : 048-764-2040
※お問合せはお電話にてお願いいたします。
FAX : 048-764-2041
OPEN
 平日 AM10:00〜PM8:00
 日・祭日 PM1:00〜PM8:00
CLOSE
 毎週月曜日、第2火曜日

平成15年3月15日認証を取得しました。車検整備、ブレーキ修理、クラッチ修理など動力伝達装置全ての一般整備ができるようになりました。車検整備・一般整備もエンジンO/H同様お客様の立会いのもと、全ての点検作業をお見せしてわかりやすくご説明致します。安心してお任せください。
PAGE TOP